コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田天山 よしだ てんざん

2件 の用語解説(吉田天山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田天山 よしだ-てんざん

?-? 江戸時代中期-後期の講釈師。
大坂の講釈界で活躍。吉田一保(いっぽう)の門人格で,のち講釈修業で各地をめぐった。岡崎兵部とも称し,軍書講釈は天山,神道講釈は兵部の名で演じたといわれる。安永8年(1779)「北野実伝記」をあらわした。姓は菊地。通称は源蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだてんざん【吉田天山】

江戸後期の大坂の講釈師。生没年不詳。本名菊地源蔵,岡崎兵部とも称する。西沢一鳳《皇都午睡》で〈講釈の師〉と賛えた神道講談の名人。吉田一保(いつぽう)の門人格で襲名の意向もあったが実現しなかった。九州など諸国を巡って修業に励んだ。その著《北野実伝記》(1779)は菅原道真の一代記で,写本で伝わった。なお,その読みぶりの一端は《我儘草紙》によってうかがうことができる。【延広 真治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田天山の関連キーワード上田元彊藤九鸞空板講釈師雪村沈銓赤松梅竜石川一夢神田伯竜(初代)乾坤坊良斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone