コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田天山 よしだ てんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田天山 よしだ-てんざん

?-? 江戸時代中期-後期の講釈師。
大坂の講釈界で活躍。吉田一保(いっぽう)の門人格で,のち講釈修業で各地をめぐった。岡崎兵部とも称し,軍書講釈天山,神道講釈は兵部の名で演じたといわれる。安永8年(1779)「北野実伝記」をあらわした。姓は菊地。通称は源蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よしだてんざん【吉田天山】

江戸後期の大坂講釈師。生没年不詳。本名菊地源蔵,岡崎兵部とも称する。西沢一鳳が《皇都午睡》で〈講釈の師〉と賛えた神道講談の名人。吉田一保(いつぽう)の門人格で襲名の意向もあったが実現しなかった。九州など諸国を巡って修業に励んだ。その著《北野実伝記》(1779)は菅原道真の一代記で,写本で伝わった。なお,その読みぶりの一端は《我儘草紙》によってうかがうことができる。【延広 真治】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

吉田天山の関連キーワード村上杜陵義士伝

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android