吉田幸三郎(読み)よしだ こうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田幸三郎 よしだ-こうざぶろう

1887-1980 昭和時代の文化財保護者。
明治20年生まれ。速水御舟(はやみ-ぎょしゅう)の義兄。坪内逍遥(しょうよう)の演劇研究所でまなび,大正2年舞台協会を結成,経営する。私財を投じて美術品や邦楽,邦舞などの保存・保護につくした。昭和36年菊池寛賞。昭和55年3月2日死去。93歳。東京出身。早大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android