有形無形(読み)ユウケイムケイ

デジタル大辞泉の解説

ゆうけい‐むけい〔イウケイ‐〕【有形無形】

形のあるものと、形のないもの。「有形無形の援助を受ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうけい‐むけい イウケイ‥【有形無形】

〘名〙 形のあるものと、形のないもの。目に見えるものと、目に見えないもの。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「有形無形の別なく、天地間の事物を悉皆人の精神の内に包羅して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

有形無形

形に現れるものと、形には現れないもの。はっきり見えるものと、はっきりとは見えないもの。

[使用例] 辰野先生からは、有形の教訓を数々与えられているが、語学に関する限りに於ては、次の二つのことであった[渡辺一夫*僕の語学修業|1949]

[使用例] 彼女のはなしはまだ半分も行っていない。戦争中、耕造がいかに金をもうけ、自分はいかに有形無形に弟を援助したかということにさしかかったところだ[安岡章太郎*海辺の光景|1959]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報