コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田正俊 よしだ まさとし

1件 の用語解説(吉田正俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田正俊 よしだ-まさとし

1902-1993 大正-平成時代の歌人。
明治35年4月30日生まれ。大正14年「アララギ」に入会,土屋文明に師事し,のち選者,発行人。人生をみつめて詠嘆のふかい歌をよみ,昭和51年「流るる雲」で読売文学賞,63年「朝の霧」で迢空(ちょうくう)賞。いすゞ自動車専務をつとめた。平成5年6月23日死去。91歳。福井県出身。東京帝大卒。
【格言など】春草のもゆる空地をよこぎりて柱時計鳴る家に帰れり(「天沼」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田正俊の関連キーワード池田純義岩津資雄葛原繁倉地与年子住友友成竹内邦雄遠山光栄友松賢細川謙三小島なお

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田正俊の関連情報