コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田正俊 よしだ まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田正俊 よしだ-まさとし

1902-1993 大正-平成時代の歌人。
明治35年4月30日生まれ。大正14年「アララギ」に入会,土屋文明に師事し,のち選者,発行人。人生をみつめて詠嘆のふかい歌をよみ,昭和51年「流るる雲」で読売文学賞,63年「朝の霧」で迢空(ちょうくう)賞。いすゞ自動車専務をつとめた。平成5年6月23日死去。91歳。福井県出身。東京帝大卒。
【格言など】春草のもゆる空地をよこぎりて柱時計鳴る家に帰れり(「天沼」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田正俊の関連キーワードアララギ(短歌結社雑誌)土屋文明

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android