コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田正準 よしだ まさとし

2件 の用語解説(吉田正準の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉田正準

高知藩士。行倫の男。安並雅景の外姪。通称を楠弥太・楠蔵。篤胤門。博学多能にして、和歌・管弦・謡曲・算術等全てに秀で、特に土佐狂句「テニハ」に長じ絶妙の作多し。著書に『御家中名誉』あり。弘化3年(1846)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田正準 よしだ-まさとし

1790-1846 江戸時代後期の国学者。
寛政2年生まれ。文化のころ江戸にでて平田篤胤(あつたね)にまなぶ。神道,古典,和歌のほか算術,管弦に長じ,とくに土佐狂句「テニハ」を得意とした。弘化(こうか)3年閏(うるう)5月14日死去。57歳。土佐(高知県)出身。通称は楠蔵。著作に「御家中名誉」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田正準の関連キーワード国学者岩政信比古三鍼末田稲麿那須高堅伴直方堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone