吉田清基(読み)よしだ きよもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田清基 よしだ-きよもと

1831-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。山崎闇斎(あんさい)に傾倒し,三島通庸(みちつね),大山綱良(つなよし),柴山景綱(かげつな)らと親交をむすぶ。寺田屋事件に関係して帰藩謹慎となる。薩英戦争では決死隊となりイギリス艦を攻撃。太宰府(だざいふ)にうつされた三条実美(さねとみ)らの警護にあたった。慶応3年8月19日死去。37歳。通称は清右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android