コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田清基 よしだ きよもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田清基 よしだ-きよもと

1831-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。山崎闇斎(あんさい)に傾倒し,三島通庸(みちつね),大山綱良(つなよし),柴山景綱(かげつな)らと親交をむすぶ。寺田屋事件に関係して帰藩謹慎となる。薩英戦争では決死隊となりイギリス艦を攻撃。太宰府(だざいふ)にうつされた三条実美(さねとみ)らの警護にあたった。慶応3年8月19日死去。37歳。通称は清右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田清基の関連キーワード吉田清右衛門

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android