コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田玉造(3代) よしだ たまぞう

1件 の用語解説(吉田玉造(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田玉造(3代) よしだ-たまぞう

1860-1926 明治-大正時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
万延元年生まれ。初代吉田玉助に入門。明治11年玉松を名のり松島文楽座で初舞台をふむ。42年3代玉造を襲名,のち玉蔵と改名。立役(たちやく),女方ともにすぐれ,大正時代を代表する名人といわれた。大正15年9月9日死去。67歳。大坂出身。本名は中野卯之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田玉造(3代)の関連キーワード万延大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門佐久良東雄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone