コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田蘭秀 よしだ らんしゅう

1件 の用語解説(吉田蘭秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田蘭秀 よしだ-らんしゅう

1653-1696 江戸時代前期の俳人。
承応(じょうおう)2年生まれ。吉田友次(ゆうじ)の子。父や北村季吟(きぎん)にまなぶ。元禄(げんろく)9年9月15日死去。44歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。別号に古渡堂,横船,蘭秀軒。編著に「後撰犬筑波(ごせんいぬつくば)集」「続阿波手(あわで)集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田蘭秀の関連キーワード土佐光成御当家令条井上正岑伊奈忠治神呪寺戸田旭山名古屋玄医荻原重秀キッド古医方

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone