吉良宣義(読み)きら のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良宣義 きら-のぶよし

?-? 戦国時代の武将。
土佐(高知県)吾川郡(あがわぐん)弘岡の吉良峰(きらがみね)城主吉良宣経(のぶつね)の従弟。宣経の世継ぎ宣直(のぶなお)が治政をおこたるのをいさめて禁固に処され,永禄(えいろく)(1558-70)のはじめごろ断食して死をむかえたという。通称は右近。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きら‐のぶよし【吉良宣義】

室町後期の武将。宣経の従兄弟。右近と称する。土佐の人。南村梅軒に朱子学を学び、宣経を補佐。宣経の死後、その子宣直に忠言したが聞かれず、かえって禁固され、自殺。(━一五六二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android