南村梅軒(読み)みなみむらばいけん

日本大百科全書(ニッポニカ)「南村梅軒」の解説

南村梅軒
みなみむらばいけん

生没年不詳。室町期の儒者で、土佐南学(とさなんがく)の。もと大内義隆(おおうちよしたか)に仕え、その御伽衆(おとぎしゅう)の一人であったが、1548~1549年(天文17~18)土佐(高知県)弘岡(ひろおか)城主吉良宣経(きらのぶつね)(生没年不詳)の賓師(ひんし)となって活躍した。彼は、儒学においては道義の学としての宋学(そうがく)に(よ)り、「慎独(しんどく)」(道に背かぬよう心がけて、自ら身を慎むこと)を基本とした道徳的実践や、三綱五常(さんこうごじょう)(儒教で人間の重んずべき君、父子、夫婦の三つの道と、仁義礼智(ち)信の五つの道徳)に基づく統治を説き、戦国武将宣経をして儒教による統治を決意させた。他方、心法ではのくふうを勧め、中国春秋時代の思想家孫子(そんし)・呉子(ごし)の兵法も説くという当時の禅儒と共通の傾向をもっている。

[源 了圓 2016年7月19日]

『足利衍述著『鎌倉室町時代之儒教』(1932・日本古典全集刊行会)』『寺石正路著『南学史』(1934・冨山房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典「南村梅軒」の解説

南村梅軒

生年:生没年不詳
戦国時代の儒学者。梅軒は。南村も号だという説もある。生地や出身も明確ではないが,朱子学を学び,周防山口の大内義隆に仕える。その後,天文年間(1532~55)に土佐に至り,弘岡城主吉良宣経の賓客となり学問を講じた。宣経が没したのち,土佐を離れて周防に帰り,大内義長に仕えるが,義長が毛利元就に敗れて自刃すると,周防の吉敷郡上宇野郷白石(山口県)に隠棲し,そこで没した。朱子学を尊崇したが,同時に儒禅一致を唱えた。日常生活のなかでの朱子学の実践を重んじたためである。門人の禅僧天室のから谷時中が出たことから,以後確立される土佐南学派始祖といわれる。

(柴田篤)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「南村梅軒」の解説

南村梅軒 みなみむら-ばいけん

?-? 戦国時代の儒者。
もと大内義隆の臣といわれる。「吉良物語」によれば,天文(てんぶん)17-18年(1548-49)ごろ土佐(高知県)弘岡の吉良峰(きらがみね)城主吉良宣経(きら-のぶつね)にまねかれ,朱子学にもとづく実践道徳や兵学を講義し,宣経の死により土佐をはなれたという。南学の祖とされる。別号に離明翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「南村梅軒」の解説

南村梅軒
みなみむらばいけん

生没年不詳
室町末期の儒者。海南学派の祖
周防 (すおう) (山口県)の人。周防の大内義隆に仕えた後,16世紀中ごろ土佐(高知県)に行き,弘岡城主吉良宣経に仕え儒書・武経を講じた。禅にも通じ,儒禅一致に立つ儒教道徳を説き,その門から谷時中らが出た。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「南村梅軒」の解説

みなみむら‐ばいけん【南村梅軒】

室町末期の儒者。離明と号す。周防国(山口県)の人。大内義隆に仕え、僧桂庵から程朱学を学ぶ。天文(一五三二‐五五)の頃、土佐国(高知県)に渡って吉良宣経のもとで程朱学を講じ、その学派は藤原惺窩京学に対して南学と称せられた。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「南村梅軒」の解説

みなみむら‐ばいけん【南村梅軒】

室町後期の儒学者。周防すおうの人。天文年間(1532〜1555)の末、土佐に行き、吉良宣経きらのぶつねに仕えて朱子学を説いた。土佐南学の祖とされる。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「南村梅軒」の解説

南村梅軒
みなみむらばいけん

室町時代末期の朱子学派の儒学者。号は離明。大内義隆に仕え,僧桂庵に程朱学を学び,のち吉良宣経に招かれ朱子学を講じた。土佐に朱子学を伝えたので南学の祖と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の南村梅軒の言及

【土佐国】より

…文芸では五山文学の双璧とされる義堂周信,絶海中津,これを継いだ旭岑瑞杲(別号待雨)などがある。ただ南学の祖として喧伝される南村梅軒は,大高坂芝山の捏造(ねつぞう)した架空の人物である。美術工芸品としては金剛頂寺,妙山寺,金林寺,禅師峯寺,竹林寺,雪蹊寺,宗安寺,大平寺などに鎌倉・室町期の仏像,仏具,仏画などが残されており,建築では長宗我部元親修造の国分寺金堂,土佐神社社殿がある。…

※「南村梅軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android