弘岡(読み)ひろおか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘岡
ひろおか

高知県高知市の一地区。狭小な弘岡平野は高燥で、土佐藩執政野中兼山(けんざん)が弘岡水路を開削して以後開発が進んだ。水路は下流で新川(しんかわ)川に続き、仁淀(によど)川筋から高知城下への水運にも利用された。戦国時代吉良(きら)氏の本拠地で、周防(すおう)(山口県)から南村梅軒(みなみむらばいけん)が訪れ四書五経を講じ、南学発祥の地とされ、「南学発祥之地」の碑が立ち、県の史跡に指定されている。付近には中世弘岡市(いち)が存在した。[正木久仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android