吉雄圭斎(読み)よしお けいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉雄圭斎 よしお-けいさい

1822-1894 江戸後期-明治時代の医師。
文政5年5月8日生まれ。家業外科医をつぎ,出島のオランダ商館出入り医師となる。嘉永(かえい)元年オランダの軍医モーニッケに牛痘接種法をまなび,種痘の普及につとめた。熊本病院初代院長。明治27年3月15日死去。73歳。肥前長崎出身。名は種文。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉雄圭斎
よしおけいさい
(1822―1894)

幕末から明治にかけての医家。長崎の人。名は種文。曽祖父(そうそふ)が耕牛であり、父は2代目吉雄幸載(こうさい)(1788―1866)である。父の跡を継いで外科医となり、出島のオランダ商館出入り医師となる。1848年(嘉永1)オランダ人軍医モーニケが来日すると彼に師事して牛痘接種法を学び、翌1849年バタビア(ジャカルタ)から届いた牛痘苗の発痘に成功すると、楢林宗建(ならばやしそうけん)らとその普及に努めた。その後、養生所や精得館でポンペ、ボードインについて西洋医学を学んだ。1870年(明治3)熊本病院初代院長となったが翌1871年辞職し、長崎で開業した。1877年西南戦争では長崎軍団病院に勤め、陸軍一等軍医となった。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android