吉雄権之助(読み)よしお ごんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉雄権之助 よしお-ごんのすけ

1785-1831 江戸時代後期のオランダ通詞。
天明5年生まれ。吉雄耕牛の子。志筑(しづき)忠雄,ズーフにまなぶ。文政元年江戸番小通詞,のち長崎の鳴滝塾シーボルトの通訳をつとめた。わが国最初の英和辞書「諳厄利亜(アンゲリア)語林大成」の編集,蘭日辞書「ズーフ-ハルマ」の訳編にくわわった。天保(てんぽう)2年5月21日死去。47歳。肥前長崎出身。名は永保,尚貞。号は如淵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android