(読み)ドウ

デジタル大辞泉の解説

どう【同】

おなじであること。等しいこと。「タイム」
前に挙げた語句を受けて、「この」または「その」の意で用いる語。「昨夜8時ころ出火したが、時刻には外出中であった」
前と同じ語を2回以上繰り返す代わりに用いる語。おなじく。「昭和42年入学、45年卒業」

どう【同】[漢字項目]

[音]ドウ(慣) [訓]おなじ
学習漢字]2年
おなじ。「同一同音同時同然同等同様異同混同
ともにする。いっしょに。「同居同乗同情同封同盟共同協同帯同
集まる。仲間になる。「一同会同合同大同団結
他人と考えや調子を合わせる。「賛同雷同
当の。その。「同校」
[補説]「仝」は俗字。
[名のり]あつ・あつむ・とも・のぶ・ひとし
[難読]同胞(はらから)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どう【同】

前に出た語句を繰り返し書く代わりに用いる語。 「昭和六〇年入学、-六三年卒業」
前に述べた語句を受けて、連体詞的に「その…」の意を表すのに用いる。 「 -提案」 「 -論文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同の関連情報