コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋クアラルンプール補足議定書 ナゴヤクアラルンプールホソクギテイショ

デジタル大辞泉の解説

なごや‐クアラルンプールほそくぎていしょ【名古屋・クアラルンプール補足議定書】

遺伝子組み換え生物(LMO)の輸出入に関する国際的な枠組みを定めたカルタヘナ議定書を補足する議定書。遺伝子組み換え生物の輸出入によって生態系に悪影響が生じた場合、締約国は、開発企業や輸送業者など損害を引き起こした事業者を特定し、原状回復させる義務を負う。2004年にマレーシアのクアラルンプールで交渉が開始され、2010年に名古屋で開始されたカルタヘナ議定書第5回締約国会議(COP-MOP5)で採択されたことから、両都市の名前が付けられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

名古屋クアラルンプール補足議定書の関連キーワード生物多様性条約

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名古屋クアラルンプール補足議定書の関連情報