コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋市博物館 なごやしはくぶつかん

2件 の用語解説(名古屋市博物館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋市博物館
なごやしはくぶつかん

1968年名古屋市の人口 200万人突破を記念して計画され,77年 10月同市瑞穂区瑞穂通に開館した市立博物館。翌 78年 10月より名古屋市蓬左文庫と名古屋市豊清二公顕彰館が分館となる。美術工芸史料約 6400点,考古史料約2万 3000点,文書・典籍約3万 6000点,民俗史料約2万点など,収蔵品総数約8万 6000点。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の美術館・博物館INDEXの解説

なごやしはくぶつかん 【名古屋市博物館】

愛知県名古屋市にある歴史博物館。昭和52年(1977)創立。市の人口200万人突破を記念して開設。尾張地方の考古・歴史・民俗・美術工芸資料を収集・保存し展示する。日本最古の船形木棺などを収蔵・展示するほか、真福寺宝生院(真言宗)所蔵の国宝『古事記』が寄託されている。分館として蓬左(ほうさ)文庫・秀吉清正記念館がある。
URL:http://www.museum.city.nagoya.jp/
住所:〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
電話:052-853-2655

出典|講談社
日本の美術館・博物館INDEXについて | 情報

名古屋市博物館の関連キーワードライアン・ロクテ入江陵介赤穂浪士一覧北洋漁業短距離競走タイソン ゲイ200年住宅ソルベンシー・マージン比率支払い余力比率北島康介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋市博物館の関連情報