コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和又八郎 なわ またはちろう

2件 の用語解説(名和又八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名和又八郎 なわ-またはちろう

1864*-1928 明治-大正時代の軍人。
文久3年12月22日生まれ。日清(にっしん)戦争では旗艦松島の分隊長。のち出雲(いずも),生駒(いこま)などの艦長や第二艦隊司令長官,舞鶴・横須賀(よこすか)両鎮守府の司令長官を歴任。大正7年海軍大将。昭和3年1月12日死去。66歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。海軍兵学校卒。旧姓は武久。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

名和又八郎

没年:昭和3.1.12(1928)
生年:文久3.12.22(1864.1.30)
明治大正期の海軍軍人。父は小浜藩(福井県)藩士武久久三,養父は名和荘山,妻は海軍少将滝川具和の妹,長男武は海軍技術中将。明治12(1879)年海軍大学校入学,卒業後海上勤務を歴任,日清戦争(1894~95)では常備艦隊旗艦「松島」分隊長。32年海軍省副官兼海軍大臣秘書官を経て,「初瀬」回航員としてイギリスに出張。帰国後大佐,海軍省人事局2課長,日露戦争(1904~05)中は同1課長となる。戦争後「出雲」「厳島」「生駒」艦長を歴任し41年少将。呉鎮守府参謀長を経て第2艦隊司令官,45年中将,大正3(1914)年教育本部長となる。その後舞鶴,横須賀両鎮守府長官を経て大将。のち軍縮に反対。

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名和又八郎の関連キーワード伊集院五郎鈴木寛之助築田多吉鶴田鹿吉戸祭文造野間口兼雄野元綱明日高謹爾平野勇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone