コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名女情比 めいじょなさけくらべ

1件 の用語解説(名女情比の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

めいじょなさけくらべ【名女情比】

仮名草子。作者不明。1680年(延宝8)刊。5巻。《本朝女鑑》の影響を受けて,巻一から巻四まで日本の名女27名の説話を並べた小説であるが,巻五のみは大磯の虎,六条の吉野,八千代,雲井,夕霧,濃紫,島原の吉野の遊女7名の逸話を述べている。固い賢女物がはじめて遊女を賢女に加えたのはめずらしい。当時の風潮を示すもので,西鶴の《好色一代男》にみられる名妓伝的挿話の前駆ともいえる。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名女情比の関連キーワード薄雪物語仮名草子棠陰比事仁勢物語無名草子尤草紙仮名本恵中辻原元甫苗村常伯

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone