名物切/名物裂(読み)メイブツギレ

デジタル大辞泉の解説

めいぶつ‐ぎれ【名物切/名物裂】

中世から近世初期にかけて、主として中国のから伝来した織物。名物茶入れ・茶碗などの袋や掛け軸の表装などに用いられ、珍重された。金襴(きんらん)緞子(どんす)間道(かんとう)など。伝来の時代によって、古渡り中渡り後渡り今渡りなどに分類する。
古筆切の中で、特にすぐれたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の名物切/名物裂の言及

【名物】より

…また千家名物,燕庵名物というように,特定の固有名詞を冠して用いる場合もあるが,これらはその家の著名な道具を示している。その他,名物記(《松屋名物記》など名物の目録),名物裂(めいぶつぎれ)(著名な染織物),名物切(古筆切の名品),名物手(大井戸茶碗など名物に分類される主として陶器に関する呼称)などの成語がある。【戸田 勝久】。…

※「名物切/名物裂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android