名越実久(読み)なごし さねひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「名越実久」の解説

名越実久 なごし-さねひさ

?-1603 織豊時代の釜(かま)師。
名越善正(ぜんせい)の子。名越三昌(さんしょう)の弟。千利休好みの釜を製作。天正(てんしょう)14年豊臣秀吉の命により京都方広寺大仏殿丈六の仏像を,文禄(ぶんろく)3年伏見城百間廊下の金灯籠(とうろう)を鋳造した。慶長8年死去。通称は与次郎。号は一旦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android