名越操(読み)なごや みさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名越操 なごや-みさお

1929-1986 昭和時代後期の原爆被爆者。
昭和4年生まれ。昭和20年8月6日広島市立高女(現舟入高)4年のとき被爆する。28年国鉄労働組合に就職。39年から被爆手記集「木の葉のように焼かれて」を編集。43年次男を白血病でうしない,夫婦の日記をもとに「ぼく生きたかった」が刊行される。昭和61年6月14日死去。56歳。広島県出身。著作は「ヒロシマ母の記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名越操の関連情報