コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名題下 ナダイシタ

デジタル大辞泉の解説

なだい‐した【名題下】

歌舞伎俳優のうち、名題役者以外の者。
歌舞伎俳優の階級の一。名題役者の下の位。下回りの俳優の最上位にあたる。明治以後にできた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なだいした【名題下】

歌舞伎役者の階級の一。名題役者の下に位する俳優。下回り。大部屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の名題下の言及

【楽屋】より

…3階はすべて立役の部屋で,いちばんつきあたりに座頭部屋があり,序列によって立役の部屋がつづき,広い空間をもつ大部屋があった。この大部屋は,名題下,相中(あいちゆう)と呼ばれる下座俳優が席次にしたがって雑居し,中央に囲炉裏があった。顔寄せから初日までの間,舞台稽古を除いて,本読み,付立,総ざらいなど稽古を行う場所としても利用された。…

【歌舞伎】より

…重要人物が登場するまでつなぎ,その場に至るいきさつを伝える筋売り,観客を芝居の雰囲気に引き込む意味もあり,〈ちり鎮め〉ともいわれる。 下回り(したまわり)江戸期における〈相中〉〈中通り〉〈下立役〉,明治期の〈名題下〉〈上分〉〈相中〉〈新相中〉の役者をいう。女方に対してはいわない。…

【名題】より

…幕末には立者を名題と呼ぶようになり,以後,その名称が定着。現在は,名題と名題下との区分が存在し,名題試験によって,昇進の可否が決められている。【今尾 哲也】。…

※「名題下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

名題下の関連キーワード大谷 馬十(3代目)歌舞伎役者中二階大部屋中通り書抜名題階級三階