コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井元端 むかい げんたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井元端 むかい-げんたん

1649-1704 江戸時代前期の医師。
慶安2年生まれ。向井元升(げんしょう)の長男。京都で父の医業をつぐ。宮中につかえ尚薬,法印となった。松尾芭蕉(ばしょう)に「幻住庵記」の校訂を弟の去来とともに依頼されている。宝永元年9月10日死去。56歳。肥前長崎出身。字(あざな)は履信。号は仁焉子,震軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

向井元端の関連キーワード阿部正武宝永チャールズチャールズ[1世]木下長嘯子ビジャヤナガル王国チャールズサベジチャールズ1世ウィンスロップ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android