コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾甫也古 うふやく

2件 の用語解説(吾甫也古の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吾甫也古 うふやく

?-1434 琉球(りゅうきゅう)の船大工。
三甫羅(さぶろう)とともに朝鮮にわたり,1433年琉球船の模型を朝鮮国王に献上。翌年琉球の戦艦をつくり,その性能が朝鮮の戦艦よりまさっていたので,朝鮮各地で琉球型が建造されたという。尚巴志(しょうはし)王13年5月朝鮮で死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吾甫也古

生年:生没年不詳
15世紀の琉球の造船技術者。『朝鮮王朝実録』(『李朝実録』)に,「琉球国船匠」として登場する。それによると,尚巴志12(1433)年7月,琉球の船匠吾甫也古,三甫羅のふたりが模型船を造り朝鮮国王に進献した。国王から米,豆などを給賜され,このうち吾甫也古は朝鮮女性を妻にめとり永住することになった。彼らは朝鮮側の求めに応じて,約8カ月後に戦艦を造り,朝鮮側の戦艦とその性能を比べた結果,スピードの点で優劣はないが,琉球船は操縦軽快,堅実であるという評価を受けた。朝鮮側は早速その設計図を各地に配り琉球型戦艦を建造,半島沿岸を襲う倭寇対策の船として活用したという。

(真栄平房昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾甫也古の関連キーワード朝鮮王朝実録李朝実録小山吉郎坂湛桜井省三辰巳一田中泰董福田馬之助松本孝二山口泉吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone