呈示証券(読み)ていじしょうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呈示証券
ていじしょうけん

証券の所持人証券上の権利を行使する場合に,債務者に対し証券の呈示を必要とする有価証券手形小切手 (手形法 38,77条1項,小切手法 28) ,その他の指図証券無記名証券選択無記名証券がこれに属する。これらの証券は転々流通するため,債務者は,だれが債権者であるかを知ることが困難であるから,履行期が到来しても証券の示があるまでは弁済する必要はなく,かつ履行遅滞にもならない (商法 517) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていじ‐しょうけん【呈示証券】

証券上の権利を行使する際、所持人が債務者に証券を呈示することが必要な有価証券。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ていじ‐しょうけん【呈示証券】

〘名〙 証券の支払請求にその証券を呈示することを必要とする証券。支払履行期が来ても、所持人が証券を呈示して請求するまでは、債務者は支払遅滞の責任を負わない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる