コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呈示証券 ていじしょうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呈示証券
ていじしょうけん

証券の所持人が証券上の権利を行使する場合に,債務者に対し証券の呈示を必要とする有価証券手形小切手 (手形法 38,77条1項,小切手法 28) ,その他の指図証券無記名証券選択無記名証券がこれに属する。これらの証券は転々流通するため,債務者は,だれが債権者であるかを知ることが困難であるから,履行期が到来しても証券の呈示があるまでは弁済する必要はなく,かつ履行遅滞にもならない (商法 517) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていじ‐しょうけん【呈示証券】

証券上の権利を行使する際、所持人が債務者に証券を呈示することが必要な有価証券。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていじしょうけん【呈示証券】

証券上の権利を行使する際、呈示することを必要とする有価証券。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

呈示証券の関連キーワード手形(有価証券)受戻し証券約束手形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android