コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周布公平 すふ こうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

周布公平 すふ-こうへい

1851*-1921 幕末-明治時代の武士,官僚。
嘉永(かえい)3年12月6日生まれ。周布政之助(まさのすけ)の次男。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。維新後フランスに留学。明治9年司法権少丞(ごんのしょうじょう)となり,22年第1次山県内閣の書記官長。兵庫県,神奈川県の知事をつとめ,のち枢密顧問官。貴族院議員。大正10年2月15日死去。72歳。号は水石

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

周布公平の関連キーワードデトリング明治時代嘉永

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android