コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周布政之助 すふまさのすけ

6件 の用語解説(周布政之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周布政之助
すふまさのすけ

[生]文政6(1823).3. 萩
[没]元治1(1864).9.25. 山口
幕末の長州藩士。勤王家。周布吉右衛門兼正の5男。名は兼翼。麻田公輔と変名。弘化3 (1846) 年,嚶鳴社を結成して経書の研究に励み,家老村田清風の知遇を得た。ペリー来航の際は江戸藩邸の右筆添役として江戸と藩との連絡にあたり,藩政に重要な役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

周布政之助 すふ-まさのすけ

1823-1864 幕末の武士。
文政6年3月23日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。村田清風の後をうけ藩政改革を実施。尊王攘夷(じょうい)を推進したが,禁門の変,四国艦隊下関砲撃事件敗北の責任をとり元治(げんじ)元年9月26日自刃(じじん)。42歳。名は兼翼(かねすけ)。字(あざな)は公輔。号は観山,痩梅。後名は麻田公輔。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

周布政之助

没年:元治1.9.26(1864.10.26)
生年:文政6.3.23(1823.5.3)
幕末の長州(萩)藩の指導者。古くは「すう」とも読む。名は兼翼,字は公輔,号は観山など。麻田公輔と改名。長州藩大組(68石余)の兼正の子,母は村田氏。天保改革の指導者,村田清風の薫陶を受けた。村田の政敵,椋梨藤太の罷免後,嘉永6(1853)年藩の実務役人の重鎮,右筆に就き,軍制改革,財政整理を行ったが,安政2(1855)年椋梨派に追われた。しかし,通商条約について諸藩に諮問されるというなかで,藩の自律を唱え,椋梨派を俗論と排斥して,再度,藩政の実権を執った。軍制改革・産物政策を重視する改革を開始し,安政5年の安政の大獄中,藩使として朝廷に密かに入り,開国の止むを得ないことを入説した。航海遠略策という開国策で幕府との協調策を進めたが,幕政改革に限界をみて,桂小五郎(木戸孝允)らと反対派に回り,処分される。文久2(1862)年島津久光の率兵上京の情勢に処分を解かれ,藩論を尊王攘夷に確定し,江戸藩邸の政府を廃止するなど藩制を集権化し,反対派を弾圧し,洋式軍制改革を開始した。攘夷の不可を知っていたが,対外的危機を思い切った改革の圧力に使うという考えであった。直言実行の性格から文久2年山内容堂に暴言を吐くという事件を起こし,麻田公輔と改名した。同3年の8月18日の政変で藩が京都を追われたのち,藩兵の上京に反対したが,ならず,禁門の変で藩は敗れ,第1次長州征討軍が到来。俗論派が興起するなかで,正義派の再起を待たずに自刃した。<参考文献>周布公平監修『周布政之助伝』

(井上勝生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

周布政之助

村田清風[むらたせいふう]の考えを受け継いで藩政の改革をすすめました。高杉晋作[たかすぎしんさく]や久坂玄瑞[くさかげんずい]ら志士たちの理解者で交流がありましたが、禁門の変[きんもんのへん]の発生や藩の実権が保守派に移った責任を感じて切腹しました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すふまさのすけ【周布政之助】

1823‐64(文政6‐元治1)
幕末期の長州藩の政治家。同藩八組,周布家の五男。名は兼翼,政之助は通称,のち麻田公輔と改名した。村田清風の路線を継承して安政期の藩政改革を指導した後,長井雅楽(うた)の親幕開国路線を批判して1862年(文久2)藩政の実権を握り,長州藩の尊王攘夷運動の重鎮となる。63年8月18日の政変,翌年の禁門の変の敗戦をへて,征長令発令の後,責を負い自刃した。【井上 勝生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周布政之助
すふまさのすけ
(1823―1864)

幕末期長州藩の攘夷(じょうい)論推進者。大組(おおぐみ)(馬廻(うままわり)組、八組(はつくみ))士、禄高(ろくだか)六十八石の家に生まれ、名は兼翼(かねすけ)、別名麻田公輔(あさだこうすけ)という。幼時父を失い、母の手で育てられる。藩校明倫(めいりん)館で学び、やがて藩府に出仕し、累進して江戸方右筆(ゆうひつ)から用所役となる。1858年(安政5)朝廷から長州藩に対する密勅の降下をみると、藩府は政之助を学習院御用掛に任命して京都に派遣する。当時の京都は尊王攘夷論が高まり、政之助は諸国の志士と親交を結び活動する。しかし、政之助の考えは尊攘論ではあるが、挙藩一致の尊攘論であり、久坂玄瑞(くさかげんずい)らの急進的な意見との間に差があった。62年(文久2)朝廷から攘夷の命が出ると帰国し、藩府政務員として翌年イギリス商船、フランス軍艦を砲撃して下関(しものせき)戦争を始める。しかしこの後朝議が一変し、政之助は藩府内で孤立する。64年(元治1)長州藩は京都禁門の変(蛤御門(はまぐりごもん)の変)で敗れ、久坂らは戦死する。幕府は征長令を発するが、政之助はこれらの責任をとって自殺した。42歳であった。[広田暢久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周布政之助の関連キーワード宍戸左馬之介福原越後フューラー呉広最高指導者と大統領沖剛介来原良蔵中島名左衛門村上平次郎山田宇右衛門

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周布政之助の関連情報