コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周流 シュウリュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐りゅう〔シウリウ〕【周流】

[名](スル)
水などがめぐり流れること。
「覆樋(とい)を通じてニール河の水を引き、此室を―せしむ」〈青木輔清訳・万国奇談〉
めぐり歩くこと。周遊。
「―横行の人民も其居を定め」〈福沢文明論之概略

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうりゅう【周流】

( 名 ) スル
水などが回り流れること。
めぐりあるくこと。 「 -横行の人民も其居を定め/文明論之概略 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

周流の関連キーワード少数支配の原則エリートパレート社会変動概略ジニ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android