コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味噌直 ミソナオシ

デジタル大辞泉の解説

みそ‐なおし〔‐なほし〕【味×噌直】

マメ科の小低木。山野に生え、高さ40~90センチ。葉は3枚の長楕円形の小葉からなる複葉。8、9月に、白い小花を穂状につける。豆果は鉤(かぎ)状の毛があり、衣服につきやすい。茎葉を入れて味噌の味を直し、またわいた蛆(うじ)を殺すのに用いるという。小槐花。うじくさ。みそくさ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みそなおし【味噌直】

マメ科の草本状の低木。山野に自生。葉は三出複葉で、小葉は狭長楕円形。八、九月、白色の小花を総状花序につける。古くは、いたんだ味噌に茎葉を入れて味を良くし、また、わいた蛆うじを殺すのに用いた。味噌草。蛆草うじくさ。漢名、小槐花。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報