コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味方但馬 みかた たじま

2件 の用語解説(味方但馬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

味方但馬 みかた-たじま

1563-1623 江戸時代前期の鉱山師。
永禄(えいろく)6年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)三方(みかた)の人で,もと福島正則の家臣。浪人して佐渡にわたり,金銀山の山師として活躍。元和(げんな)4年寸方樋(すぽんどい)などの排水設備を工夫し,金産出量を飛躍的に増大させた。元和9年4月8日死去。61歳。本姓は村井。名は貞重,家重。通称は別に小次郎,孫太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

味方但馬

没年:元和9.4.8(1623.5.7)
生年:永禄6(1563)
江戸前期,佐渡金山の著名な山師(鉱山の開発・経営者)。幼名小次郎,のち味方孫太夫家重。通称但馬は受領名の但馬守による。池田輝政に仕えた村井貞政(善左衛門)の長男。父が播磨国(兵庫県)三方に隠退して味方姓を名乗る。但馬は福島正則に仕えて関ケ原の戦の戦功で500石を得た。42歳のとき佐渡へ渡り,元和期(1615~24)に寸方樋という西洋技術を用いて,衰えていた相川最大の割間歩再生に成功,佐渡のほか摂州多田,南部,伊勢の鉱山で採掘,経営に才腕をふるい財を成した。子の家次,孫の家之も割間歩の採掘中に坑内の湧水に苦しみ,寛永14(1637)年に大坂からからくり巧者水学宗圃を呼び 水上輪(アルキメデスポンプ)の仕法を学んで国内鉱山で初めて試用するなど,3代にわたって鉱山技術の改良に業績を残した。水上輪は島内の灌漑に近代まで威力を発揮した。但馬は日蓮宗に帰依し,京都妙覚寺をはじめ佐渡のほとんどの日蓮宗寺院の伽藍の整備に助力した。京都で没し,墓は京都妙覚寺にある。<参考文献>小葉田淳『日本鉱山史の研究』,磯部欣三『佐渡金山』,田中圭一『佐渡金銀山の史的研究』

(磯部欣三・田中圭一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

味方但馬の関連キーワード金山佐渡鉱山佐渡奉行金山彦金山姫近代の佐渡金銀山佐渡金銀山菱刈鉱山静野与右衛門山本仁平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone