命を鴻毛の軽きに比す(読み)いのちをこうもうのかろきにひす

故事成語を知る辞典の解説

大切なもののためであれば、命を捨てても惜しくないことのたとえ。

[使用例] なにがおかしい、義に当面すれば、身命を鴻毛よりも軽しとするのが、本分ではないか[山本周五郎の木は残った|1954~56]

[由来] 「文選」に収録された、紀元前二~一世紀、前漢王朝の時代の歴史家、司馬遷の文章の一節から。皇帝の怒りにあい、極刑の宣告を受けた司馬遷は、「死は、あるときはたいざん(山東省にある名山)よりも重いし、またあるときは『鴻毛よりも軽し(オオハクチョウの羽毛よりも軽い)』」と述べ、何のために生き、何のために死ぬかが大切なのだと考えます。そして、執筆中の歴史書を書き上げるために、死刑の代わりに宮刑(生殖器を切り落とす刑)を受けて生き永らえる道を選び、不朽の名著「史記」を後世に残すことになりました。

[解説] 司馬遷のこの文章からは、「九牛の一毛や「木石に非ずという故事成語も生まれています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android