コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九牛の一毛 キュウギュウノイチモウ

3件 の用語解説(九牛の一毛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅうぎゅう‐の‐いちもう〔キウギウ‐〕【九牛の一毛】

《「漢書」司馬遷伝から。多くの牛の中の1本の毛の意》多数の中のごく一部分。取るに足りないこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きゅうぎゅうのいちもう【九牛の一毛】

( 連語 )
〔漢書 司馬遷伝
たくさんの牛うしのうちの一本の毛の意から、たくさんの中のごく小部分。とるにたりないこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九牛の一毛
きゅうぎゅうのいちもう

多くの牛のなかの1本の毛をいい、多数のなかのきわめて小部分を意味し、ものの数にも入らないことをいう。中国、漢代の歴史家で『史記』の著者として名高い司馬遷(しばせん)は、匈奴(きょうど)と戦って敗れ、これに降(くだ)った李陵(りりょう)を弁護して大論陣を張ったがために宮刑(きゅうけい)(死刑に次ぐ重い刑罰で、性器を除去される)に処せられたが、その際「仮令(たとい)僕法に服し、誅(ちゅう)を受くるも、九牛の一毛を亡(うしな)うが若(ごと)し」といったと「任安(じんあん)に報ずる書」に記されている。なお「滄海(そうかい)(青海原)の一滴」「滄海の一粟(ぞく)」というも同意である。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九牛の一毛の関連キーワード司馬遷解頤壁の中の書瘤牛尺の牛万里同風凌雲の志九牛司馬談嚢中の錐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone