木石に非ず(読み)ぼくせきにあらず

  • =ならず
  • =に 非(あら)ず
  • ぼくせき
  • 木石

精選版 日本国語大辞典の解説

(木や石ではないの意から) 人間らしい感情を解さないものではない。人情を有している。
※徒然草(1331頃)四一「人、木石にあらねば、時にとりて、物に感ずる事なきにあらず」 〔司馬遷‐報任少卿書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

人間は感情を持つかよわい存在だ、ということ。

[使用例] れ人は木石にあらず、誰か色情なからん。人はきんじゅうにあらず、誰か名誉心なからん[正岡子規*読書弁|1889]

[由来] 紀元前二~一世紀、前漢王朝の時代の中国の歴史家、せんの「にんしょうけいに報ずる書」という文章一節から。正しいと思ってしたことが原因で皇帝の怒りに遭い、死刑判決を受けたときのことを、「身は木ざるに(私の体は木や石ではないのに)」、獄吏に引っ立てられて獄中に閉じ込められてしまい、助けようとしてくれる人などだれもいなかった、と回想しています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android