命取り(読み)イノチトリ

デジタル大辞泉の解説

いのち‐とり【命取り】

生命、または地位・財産などを失う決定的な原因になる事柄。「命取りの病気」「失言が命取りとなる」
相手の命を奪うほどの美女または美男をいう語。
「堺町の名物―め、何の生まれ替はりてあの美しさ」〈浮・椀久二世〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いのちとり【命取り】

病気など、死の原因となるもの。
地位・名声・財産など人の大事なものを失わせる原因となるものや事柄。 「ささいなスキャンダルが-になった」
男の命を縮める美女。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

命取りの関連情報