コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命取り イノチトリ

デジタル大辞泉の解説

いのち‐とり【命取り】

生命、または地位・財産などを失う決定的な原因になる事柄。「命取りの病気」「失言が命取りとなる」
相手の命を奪うほどの美女または美男をいう語。
「堺町の名物―め、何の生まれ替はりてあの美しさ」〈浮・椀久二世〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いのちとり【命取り】

病気など、死の原因となるもの。
地位・名声・財産など人の大事なものを失わせる原因となるものや事柄。 「ささいなスキャンダルが-になった」
男の命を縮める美女。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

命取りの関連キーワードフォード(Gerald Rudolph Ford)エチエンヌ・マルセルの乱レピュテーショナルリスクピューリタン革命山羽式蒸気バススキャンダル僧帽弁狭窄症四国借款団水原 弘豊臣秀吉カモメ興世王リロー間違う事柄原因名声地位財産円卓

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

命取りの関連情報