和刻三言(読み)わこくさんげん

世界大百科事典 第2版の解説

わこくさんげん【和刻三言】

江戸中期の儒者岡白駒(はつく)とその門人沢田一斎が,中国の白話短編小説に訓点・傍訓を施して刊行した三つの書物。白駒による《小説精言》(4巻4冊。1743)は明末の《醒世恒言》から4話を,《小説奇言》(5巻5冊。1753)は《今古奇観》などから5話を,一斎による《小説粋言》(5巻5冊。1758)も《今古奇観》《警世通言》などからの5話をおのおの収載。沢田一斎(1701‐82)は京都の書肆(しよし)風月堂の主人で,儒を学んだほか日本の古典にも通じ,交友も広かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android