コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和刻三言 わこくさんげん

1件 の用語解説(和刻三言の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わこくさんげん【和刻三言】

江戸中期の儒者岡白駒(はつく)とその門人沢田一斎が,中国の白話短編小説に訓点・傍訓を施して刊行した三つの書物。白駒による《小説精言》(4巻4冊。1743)は明末の《醒世恒言》から4話を,《小説奇言》(5巻5冊。1753)は《今古奇観》などから5話を,一斎による《小説粋言》(5巻5冊。1758)も《今古奇観《警世通言》などからの5話をおのおの収載。沢田一斎(1701‐82)は京都の書肆(しよし)風月堂の主人で,儒を学んだほか日本の古典にも通じ,交友も広かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和刻三言の関連キーワード僧萬庵林信春続明烏其雪影ひさご井戸甘谷加藤円斎曾我部容所中島雪楼西田維則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone