和田秋清(読み)わだ あききよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田秋清 わだ-あききよ

1834-1869 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。文久のころ長崎の五代友厚(ともあつ)のもとで航海術をまなぶ。藩船春日丸に航海長として搭乗,宮古,青森から箱館(はこだて)にはいり,旧幕艦回天,蟠竜(ばんりゅう)との海戦で負傷し,明治2年5月8日死去。36歳。通称は彦兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android