コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田胤長 わだ たねなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田胤長 わだ-たねなが

1183-1213 鎌倉時代の武将。
寿永2年生まれ。和田義盛の甥(おい)。弓の名手。建暦(けんりゃく)3年荷担した泉親衡(ちかひら)の乱が発覚して陸奥(むつ)岩瀬郡(福島県)に流された。これを機に義盛が挙兵(和田氏の乱)したが,執権北条義時に敗れ,胤長も同年5月9日配流の地で殺された。31歳。通称は平太

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

和田胤長

没年:建保1.5.9(1213.5.30)
生年:寿永2(1183)
鎌倉前期の武士。相模国(神奈川県)出身。義長の子,義盛の甥。建保1(1213)年,泉親衡謀反事件で捕らえられ,義盛以下の嘆願にもかかわらず,陸奥国岩瀬郷に配流。これをきっかけに和田合戦が起こった。乱後,配所で殺された。

(高橋秀樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

和田胤長の関連キーワード金窪行親安東忠家鎌倉時代

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android