コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉親衡 いずみちかひら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泉親衡
いずみちかひら

鎌倉時代初期の武士信濃の人。建保1 (1213) 年,2代将軍源頼家の遺子を擁立して北条氏を除こうとしたが失敗。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉親衡 いずみ-ちかひら

?-? 鎌倉時代の武士。
泉公衡の子。幕府の御家人。将軍源頼家の遺児千手(寿)丸(せんじゅまる)(栄実(えいじつ))を擁立して,執権北条氏打倒の挙兵をくわだてる。建暦(けんりゃく)3年(1213)計画は発覚し300人以上が逮捕された。強力無双の親衡は追手を殺し行方不明となる。通称は小二(次)郎。名は親平ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

泉親衡

生年:生没年不詳
鎌倉前期の信濃国(長野県)の武士。小次郎。清和源氏で経基王5男の満快の流れを汲む。怪力で知られた。鎌倉幕府2代将軍源頼家の遺児千手丸を擁立しようと画策したが,建保1(1213)年2月発覚し,幕府の討手工藤十郎らを殺害して行方をくらました。親衡に与同した武士は張本130人余,伴類200人にのぼり,このなかには幕府草創の功臣和田義盛の子と甥も含まれていた。その処遇をめぐって和田氏と執権北条義時との間に亀裂が生じ,5月の和田合戦の一因となったとされる。なお,親衡の弟泉六郎公信は和田合戦では幕府方で戦い討死している。

(菅野文夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いずみちかひら【泉親衡】

鎌倉前期の武将。生没年不詳。信濃源氏公衡の子。親平とも書く。将軍源頼家の遺子千手丸を擁して北条氏打倒の兵を挙げようとしたが,1213年(建保1)2月,千葉成胤の勧誘に向かった使者が捕らえられ計画は露顕して失敗に終わった。同志300余名が逮捕されたが,親衡は捕縛にきた工藤十郎らを殺害して逃亡。大力の士として朝比奈義秀と並称されたという。なおこの事件は和田合戦の誘因となった。【青山 幹哉】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の泉親衡の言及

【和田合戦】より

…1213年(建保1)5月2,3両日,鎌倉を舞台に和田義盛北条義時によって行われた合戦。この年2月,源頼家の遺児千寿を擁して大将軍となし,義時を除こうとする泉親衡(いずみちかひら)の謀叛が露見した。安念法師の白状に基づき,一味の者がつぎつぎと逮捕されたが,その中に義盛の子息義直・義重,甥の胤長が含まれていた。…

※「泉親衡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

泉親衡の関連キーワード安東忠家鎌倉時代金窪行親和田胤長

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android