コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐宋伝奇集 とうそうでんきしゅうTang-song chuan-qi-ji

1件 の用語解説(唐宋伝奇集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐宋伝奇集
とうそうでんきしゅう
Tang-song chuan-qi-ji

中国,唐,宋代の文語短編小説を集めた書。魯迅の編。8巻。 1927年成立。収録は,唐代のものが『古鏡記』『枕中記』『南柯太守伝』『李娃 (あ) 伝』『鶯鶯 (おうおう) 伝』など 36編,宋代のものが『緑珠任』『楊太真外伝』『流紅記』など9編で,計 45編。流伝の間に内容が乱れていたのを,『太平広記』『文苑英華』『青瑣高議』『説郛 (せっぷ) 』などの類書,叢書を資料として厳密な校訂を加えたもの。各編についての詳細な解題をまとめ「稗辺小綴 (はいへんしょうてつ) 」として巻末に付してある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone