コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯鶯伝 おうおうでんYing-ying zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶯鶯伝
おうおうでん
Ying-ying zhuan

中国,唐の伝奇小説元 稹 (げんじん) の作。『会真記』ともいう。生という男が旅先の寺で,幼名を鶯鶯という崔家の娘を見そめ深い仲となったが,男の科挙受験のために添いとげられずに,彼女は別な家庭の人となる。作者の元じんが張と特に親しい友人として登場するが,実は張が作者であり自伝的要素をもつ小説であるという考証が,宋の王ちつによってなされている。この小説自体は特に傑作というほどではないが,宋以後しばしば小説や戯曲に改作され,元代にいたって戯曲史上最高の傑作とされる王実甫の『西廂記』となって花咲いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯鶯伝
おうおうでん

中国、唐代の短編小説。『会真記(かいしんき)』ともいう。元(げんしん)の若いころ(804?)の作と伝えられる。美しく才たけた崔(さい)氏の娘鶯鶯と、高級官僚の試験を志す若者の張生との恋愛を対象とする。その初め、2人は母親の目を盗み、紅娘(こうじょう)という鶯鶯の侍女を仲立ちとし、世間の常識を無視して結ばれてゆく。「月を待つ 西廂(せいしょう)の下、風を迎えて 戸 半ば開く。牆(しょう)を隔てて 花影動く、疑うらくは 是(こ)れ 玉人の来たるかと」という鶯鶯の歌には、若者のひそかな訪れを待つ娘心のときめきが響く。しかし科試の制度や時代の倫理によって、互いにそれぞれの道を歩み、ついに愛情も破れざるをえなかった。一編は曲折に富む構成をとり、詩歌を交える達意な筆致でもって、短編小説の領域に新しい様式を開拓した。後世、自伝小説としてもてはやされ、『商調蝶恋花(ちょうれんか)』『西廂記』『続西廂記』など、詩歌や戯曲を多く生み、少なからぬ影響を及ぼした。[花房英樹]
『花房英樹編『元研究』(1977・彙文堂書店) ▽前野直彬編・訳『唐代伝奇集1 鶯々の物語』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鶯鶯伝の関連キーワード西廂記(せいそうき)董西廂鼓子詞諸宮調元稹伝奇

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android