コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南柯太守伝 なんかたいしゅでんNan-ke tai-shou zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南柯太守伝
なんかたいしゅでん
Nan-ke tai-shou zhuan

中国,中唐伝奇小説。李公佐の作。貞元 18 (802) 年成立。淳于ふん (じゅんうふん) という侠客が,槐 (エンジュ) の木の下で昼寝するうち,夢のなかでアリの国へ行き,国王の女婿となり,南柯郡太守に任命され 30年を過す話。沈揮済 (しんきさい) の『枕中記』と同系の作。唐代小説を代表する一つで,影響作に,明末の湯顕祖の戯曲『南柯記』,日本の滝沢馬琴の読本『三七全伝南柯夢』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南柯太守伝
なんかたいしゅでん

中国、唐代の伝奇小説。李公佐(りこうさ)作。淳于(じゅんうふん)という主人公が酒に酔ってうたた寝するうち、槐安(かいあん)国という国の使者に招かれ、庭の槐(えんじゅ)の木の洞(ほら)を通ってその国に行き、栄達を極める夢をみる。夢から覚めて、庭の槐の洞を切り開いて調べてみると、夢でみたとおりの蟻(あり)の国が現れたという話。作者李公佐の伝記は伝わらないが、小説の後書きによると、徳宗(とくそう)の貞元(ていげん)(785~804)ごろから宣宗(せんそう)の大中(だいちゅう)年間(847~859)にかけて生きた人だったらしい。後世の戯曲『南柯記』はこれに基づいている。なお曲亭馬琴(きょくていばきん)の読本(よみほん)『三七全伝南柯夢(さんしちぜんでんなんかのゆめ)』はこの作からも材を得ている。[高橋 稔]
『高橋稔・西岡晴彦訳『中国の古典32 六朝・唐小説集』(1982・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

南柯太守伝の関連キーワード唐宋伝奇集南柯の夢六朝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android