コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南柯太守伝 なんかたいしゅでん Nan-ke tai-shou zhuan

2件 の用語解説(南柯太守伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南柯太守伝
なんかたいしゅでん
Nan-ke tai-shou zhuan

中国,中唐の伝奇小説。李公佐の作。貞元 18 (802) 年成立。淳于ふん (じゅんうふん) という侠客が,槐 (エンジュ) の木の下で昼寝するうち,夢のなかでアリの国へ行き,国王の女婿となり,南柯郡太守に任命され 30年を過す話。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南柯太守伝
なんかたいしゅでん

中国、唐代の伝奇小説。李公佐(りこうさ)作。淳于(じゅんうふん)という主人公が酒に酔ってうたた寝するうち、槐安(かいあん)国という国の使者に招かれ、庭の槐(えんじゅ)の木の洞(ほら)を通ってその国に行き、栄達を極める夢をみる。夢から覚めて、庭の槐の洞を切り開いて調べてみると、夢でみたとおりの蟻(あり)の国が現れたという話。作者李公佐の伝記は伝わらないが、小説の後書きによると、徳宗(とくそう)の貞元(ていげん)(785~804)ごろから宣宗(せんそう)の大中(だいちゅう)年間(847~859)にかけて生きた人だったらしい。後世の戯曲『南柯記』はこれに基づいている。なお曲亭馬琴(きょくていばきん)の読本(よみほん)『三七全伝南柯夢(さんしちぜんでんなんかのゆめ)』はこの作からも材を得ている。[高橋 稔]
『高橋稔・西岡晴彦訳『中国の古典32 六朝・唐小説集』(1982・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南柯太守伝の関連キーワード伝奇白行簡槐安国伝奇小説異常の門カルパチアの城毒婦伝奇叛旗兵伝奇新譜伝奇漫録

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone