李娃伝(読み)りあでん

日本大百科全書(ニッポニカ)「李娃伝」の解説

李娃伝
りあでん

中国、伝奇小説白行簡(はくこうかん)(776―826)作。科挙の受験生である主人公は、試験を受けに行く途中、芸妓(げいぎ)の李娃に一目ぼれし、持ち金をすっかりだまし取られるような目に会いながらも、李娃をあきらめることができず、死にかかったり乞食(こじき)に身を落としたりの苦労を重ねながら、逐電してしまった李娃一家を追い続け、ついに自由の身になった李娃と結ばれる。その後は彼女の献身的な努力により、試験に合格し栄達したという物語。作者白行簡は白居易(はくきょい)のすぐ下ので、司門員外郎(しもんうんがいろう)、主客郎中などを務めた。当時は、牛僧孺(ぎゅうそうじゅ)・李徳裕(りとくゆう)の争いのような政争の熾烈(しれつ)な時代であったところから、これは、白行簡が政敵の夫人の出身を暴き、政敵をおとしめるためにつくった小説だとする説もある。

[高橋 

『高橋稔・西岡晴彦訳『中国の古典32 六朝・唐小説集』(1982・学習研究社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「李娃伝」の解説

李娃伝
りあでん
Li-wa zhuan

中国,中唐の伝奇小説。白行簡の作。1巻。貞元 11 (795) 年成立。作者は白居易の弟。長安の妓女李娃におぼれた名家の息子が,落ちぶれて乞食にまでなるが,まためぐりあった李娃に助けられて再起し出世する物語。男は鄭畋 (ていでん) という人物がモデルだともいわれる。人物の心理描写にもすぐれ,唐の伝奇小説中の白眉の作である。日本に伝わって『李娃物語』 (「りけいものがたり」と読みならわす) という御伽草子がつくられた。『太平広記』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android