コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐獅子図屏風

デジタル大辞泉プラスの解説

唐獅子図屏風

安土桃山時代の絵師、狩野永徳の絵画(16世紀後半)。雌雄の獅子を屏風画として描いたもの。永徳の代表作の一つとして知られる。六曲一双。紙本金地着色。三の丸尚蔵館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

唐獅子図屏風の関連キーワード安土桃山時代金碧障屏画狩野山楽御物

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐獅子図屏風の関連情報