唐獅子図屏風

デジタル大辞泉プラスの解説

唐獅子図屏風

安土桃山時代の絵師、狩野永徳の絵画(16世紀後半)。雌雄の獅子を屏風画として描いたもの。永徳の代表作の一つとして知られる。六曲一双。紙本金地着色。三の丸尚蔵館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android