コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐獅子図屏風

デジタル大辞泉プラスの解説

唐獅子図屏風

安土桃山時代の絵師、狩野永徳の絵画(16世紀後半)。雌雄の獅子を屏風画として描いたもの。永徳の代表作の一つとして知られる。六曲一双。紙本金地着色。三の丸尚蔵館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

唐獅子図屏風の関連キーワード安土桃山時代金碧障屏画狩野山楽御物

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐獅子図屏風の関連情報