唐風説書(読み)とうふうせつがき

世界大百科事典 第2版の解説

とうふうせつがき【唐風説書】

鎖国体制下の日本に年々来航した清の商船によってもたらされた海外情報。幕府の儒官林春斎・鳳岡父子が《華夷変態》《崎港商説》として編輯。1644年明清革命の情報記事から1724年におよぶ記事が収録されている。長崎入港唐船の1船ごとに,長崎奉行唐通事に聴取・訳出・調整のうえ,江戸幕府に上達したものである。大陸を中心とする内外情勢の情報,スペイン,ポルトガル等天主教国の動静,ことに日本への行動について,またヨーロッパ人の東洋における活動や漂流に関する詳報を提出させて,キリスト教禁制,密貿易防止の資としたもので,〈オランダ風説書〉とほぼその性質由来を同じくする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android