唯浄裏書(読み)ゆいじょううらがき

世界大百科事典 第2版の解説

ゆいじょううらがき【唯浄裏書】

御成敗式目》の注釈書。1巻。作者は唯浄。1条から19条まで欠失しており,20条以降51条までの各条文の裏に法律用語の訓,解釈などを記す。成立年代は唯浄の奥書によって1289年(正応2)と知られるが,いまだその全体裁については明らかでない。作者唯浄は斎藤氏で,基茂(本名基治)といい藤内兵衛入道と称して,永仁・正安年間(1293‐1302)のころ六波羅奉行人として活動した。本書は最古の式目注釈書であり,中世法制史上重要な史料である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android