コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オン

デジタル大辞泉の解説

おん【×唵】

《〈梵〉oṃの音写インドの宗教や哲学で、神聖で神秘的な意味をもつとされる語。仏教でも、真言陀羅尼(だらに)の冠頭に置かれることが多い。帰命(きみょう)・供養あるいは仏の三身を表すとするなど、種々の解釈がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おん【唵】

( 感 ) 〔 om
インドで古来より聖音とされ、祈りや経典の最初に唱えられる言葉。密教に取り入れられ、真言や陀羅尼だらにの頭首に置かれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おん

サンスクリット語のオームoの音写。インド古来より神聖なる音声と考えられてきたもので、本来は、神々に対する呼びかけの間投詞であったが、やがて各種の呪句(じゅく)や真言(しんごん)(マントラ)の初めに付せられるようになり、それら呪句、真言が密教に取り入れられたのに乗じて、仏教に流入した。この音はa, u, maの3音節に分解できるので、3要素よりなるもの、たとえば天・地・空、熱・水・食物、ビシュヌ・シバ・ブラフマーの3神などに配され、あるいはふたたび総合されて全一普遍の実在ブラフマン=アートマンを象徴する聖音とされ、その念想によって実在への帰入、解脱(げだつ)が期せられることになった。仏教では、「阿毘羅吽欠(おんあびらうんけん)」などのように密教の真言や陀羅尼(だらに)の初音として用い、帰命(きみょう)、供養(くよう)のため、あるいは法身・報身・応身の仏の三身を意味するものとされている。[津田眞一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【オーム】より

…後世のヒンドゥー教になると,aは世界維持神ビシュヌ,uは破壊神シバ,mは創造神ブラフマーに配せられ,全体として三神一体である(トリムールティ)ことを表すものとされた。 この聖音は後期仏教である密教にも採用され,唵(おん)としてダーラニー(陀羅尼)の冒頭に置かれた。《守護国界主陀羅尼経》では,aは法身(ほつしん),uは報身(ほうじん),mは応身(おうじん)の三身に配せられ,三世諸仏はこの聖音を観ずることによって成仏するとされ,阿字観(あじかん)と同じように,omの字(=音)を観想する唵字観という瞑想法が考案された。…

※「唵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唵の関連キーワード蘇婆訶・薩婆訶一字金輪仏頂尊唵阿毘羅吽欠阿毘羅吽欠六字陀羅尼光明真言一字金輪頭首古来経典密教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android