コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唾液腺ホルモン剤(読み)だえきせんほるもんざい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唾液腺ホルモン剤
だえきせんほるもんざい

哺乳(ほにゅう)動物の新鮮耳下腺から抽出した唾液腺ホルモンを含む製剤で、「パロチン」がある。軟骨組織の増殖、歯牙(しが)や骨の石灰化の促進、弾力線維や結合組織の発育促進、細網内皮等の賦活(ふかつ)、胃の運動亢進(こうしん)、窒素平衡の是正などの薬理作用を有し、内服で胃下垂症、変形性関節症、歯周炎などに、注射ではさらに筋無力症にも応用される。老化を防止する薬として騒がれたこともある。錠剤(10ミリグラム含有)、注射用(1ミリグラム、3ミリグラム、5ミリグラム含有)が市販されている。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android