商いは牛の涎(読み)アキナイハウシノヨダレ

  • 商(あきな)いは牛(うし)の涎(よだれ)

ことわざを知る辞典の解説

商売は、細く長く垂れる牛のよだれのように、気長に辛抱強く続けることが大切である。早く利益を得ようとして、あせってはならない。

[使用例] たとえ少々の注文でも、食堂ということなら途切れない。あきないは牛のよだれで、そういう客は、ありがたい客で、ふやしたい客だからだ[森田誠吾*魚河岸ものがたり|1985]

[解説] 関西を中心に商人の間で広く使われてきた表現で、古くは上方のいろはかるたにも採用されていた。

〔英語〕Keep your shop and your shop will keep you.(店を守れ、そうすれば店が守ってくれる)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android