コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田誠吾 モリタセイゴ

デジタル大辞泉の解説

もりた‐せいご【森田誠吾】

[1925~2008]小説家。東京の生まれ。本姓、堀野。広告制作会社を経営するかたわら演劇に傾倒し、小説も執筆するようになる。東京の下町を清新な筆致で描いた「魚河岸ものがたり」で直木賞受賞。他に「曲亭馬琴遺稿」「明治人ものがたり」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田誠吾 もりた-せいご

1925-2008 昭和後期-平成時代の小説家。
大正14年10月25日生まれ。生地は東京銀座。第二次大戦後演劇に傾倒し,久保栄師事。父親から広告会社精美堂の経営をうけついで,昭和55年社長。56年「曲亭馬琴遺稿」が直木賞候補となり,61年に「魚河岸ものがたり」で同賞を受賞した。平成20年10月16日日死去。82歳。東京商大(現一橋大)中退。本名は堀野誠吾。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森田誠吾の関連キーワード森田

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android