森田誠吾(読み)モリタセイゴ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田誠吾 もりた-せいご

1925-2008 昭和後期-平成時代の小説家。
大正14年10月25日生まれ。生地は東京銀座。第二次大戦後演劇に傾倒し,久保栄師事。父親から広告会社精美堂の経営をうけついで,昭和55年社長。56年「曲亭馬琴遺稿」が直木賞候補となり,61年に「魚河岸ものがたり」で同賞を受賞した。平成20年10月16日日死去。82歳。東京商大(現一橋大)中退。本名は堀野誠吾。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android