コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商品先物市場 しょうひんさきものしじょうcommodity futures market

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商品先物市場
しょうひんさきものしじょう
commodity futures market

3ヵ月先,6ヵ月先といった将来の一定の日時に商品の受渡しと代金の決済をすることを契約する取引 (商品先物取引) を行う商品市場のこと。商品取引所がそれにあたる。 1697年,大阪の堂島新地に豪商淀屋が開いた米市場が,世界最初の先物市場といわれる。現在,日本では商品取引所法 (1950年8月公布) により設立され,月末の一定日に売買による差金の決済,あるいは現物の受渡しを行う。繊維,砂糖,穀物,ゴム,貴金属などの取引が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

商品先物市場の関連キーワードニューヨーク・マーカンタイル取引所アストマックス・トレーディングCRB先物インデックスシカゴ商品取引所商品先物取引法商品ファンドCTAFIA

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商品先物市場の関連情報